ハウスメーカー情報

新築一戸建ての工法・住宅構造別解説

木造軸組工法

日本に古くから伝わる伝統工法で、在来工法とも呼ばれます。柱の上に梁をのせ、斜めに入れた筋交いで、縦・横・斜めの木の柱で軸組され、地震や強風にも強いとされています。最近では、防火素材や断熱材の研究で耐火耐震性能もアップ。プレカット加工の木材の使用により、正確な施工と工期の短縮も可能になりました。

木造軸組工法

ツー・バイ・フォー工法

使用する木材の断面の寸法が、厚さ2インチ、幅4インチを基準とすることから、ツー・バイ・フォー工法と呼ばれます。構造は床、壁、天井の「面」で支えられ、6面体の箱のイメージです。気密性や断熱性に優れ、温かく省エネ性が高いのが特徴。柱のない広い部屋や、小屋裏に部屋を設けるなど、スペースを有効に利用することができます。

ツー・バイ・フォー工法

鉄骨系プレハブ工法

軽量鉄骨で柱や梁といった骨組みをつくり、そこにあらかじめ工場生産された部材(床、壁、天井など)を運んで組み立てる工法です。軸組工法、パネル工法、両方を組み合わせた軸組パネル工法などがあります。耐震性・耐火性・耐風性に優れ、工場生産される部材も、品質が一定していて量産しやすいメリットがあります。

鉄骨系プレハブ工法

コンクリート系工法

工場で生産したPC板(プレキャストコンクリート)と呼ばれるコンクリートパネルを組み立てて床・壁・屋根をつくります。構造的には、PC板の強度とともに頑丈な6面体なります。コンクリートに鉄筋が組み込んであるため、耐震性・耐久性に優れています。その他にも断熱性や遮音性、耐火性も高いといった多くの特長があります。

コンクリート系工法

木質系プレハブ工法・木質系パネル工法

断熱性、機密性、防火性などに富んだ木材を主な材料とした床・壁・屋根パネルを工場生産し、現場で一体化。パネル自体が荷重を支える一体構造なので、家全体で地震エネルギーが吸収され、高い強度を誇ります。柱や針を使わずスッキリした部屋をつくりることができます。工場で生産するため、品質や仕上がりにばらつきがないのも魅力の一つ。

木質系プレハブ工法・木質系パネル工法

ユニット工法

あらかじめ工場生産された住宅のユニットをいくつかのブロックに分け、現場で組み立てる工法です。80%以上を工場で生産するため、品質にムラがなく工期が短くてすむのがメリットです。システム化されたユニットの組み合わせるため、設計も比較的簡単です。部材そのものが防火性に優れているため、耐火性の面でも安心です。

ユニット工法